動物やペットのニュース・メディア | SachiAnimal(さちアニマル)

動物・ペットからの幸せを届けるニュース・メディアサイト

*

犬の白内障って?症状や原因・予防法と治療・手術費用など【老犬は注意】

      2017/02/08

犬

犬の白内障は、老犬をはじめ犬がかかりやすい病気のひとつです。原因によっていろいろな種類がありますが、初期の症状を見つけ、早く治療を始めることがとても大切です。

スポンサーリンク



犬の白内障って?

犬の白内障は、レンズの役割を果たす水晶体が部分的に、またはすべて白く濁り、眼底に光が届かなくなって目が見えづらくなる病気です。水晶体はふつう透明であまり見えないものですが、白内障になると白くなるので見えるようになります。

とくに6歳以上の老犬の白内障はとても多く、「老年性白内障」と呼ばれます。ほかに糖尿病の合併症(代謝性白内障)や遺伝(先天性白内障/若年性白内障)、目の外傷(外傷性白内障)で白内障になることもあります。

これらの白内障の中では、外傷性のものがもっとも治りやすいと言われています。糖尿病との合併症として起こる代謝性白内障は、とても進行の早い白内障ですが、早期発見できれば白内障の進行を止めることができます。

白内障は年をとるにつれて症状が進行してしまうものですが、早期発見して治療できれば失明は避けることができます。

症状は?

犬の白内障の症状をまとめておきます。症状が進行すると、失明に近いほど低い視力になってしまい、治療も難しくなるので、愛犬をよく観察して、できるだけ早く白内障の症状に気づいてあげましょう。

■目の真ん中が白く濁っている
■目が悪くなる
■瞳孔がいつも開いている
■物にぶつかったりよろけたりする
■段差などでつまずく
■壁をつたって歩く
■攻撃的になる
■夜鳴きをする

白内障の初期だと、物にぶつかったり、つまずいたりといった歩き方の異常はあまり見られないことがあるので、日頃からよく目を観察しておくことが大切です。

また、目が白く濁って見えるという症状は、核硬化症という病気でも見られます。核硬化症になると、水晶体の核(中心)の部分が白く濁ってきます。老化によって起こるもので、特に治療は必要ありません。

白内障の治療

シベリアンハスキー

犬の白内障の診断方法と、治療方法についてご紹介します。

photo by Matt Elsberry

診断方法は?

目に光を当てて、水晶体の濁りを見てみます。犬の近くに障害物を置いて歩かせたとき、それにぶつからないで歩けるかどうかや、ティッシュや丸めた綿など、柔らかくて下に落としても音がしないものを落としたとき、それを目で追うかなども確認します。

治療法

治療には、白内障の進行を抑える内科療法と、視力を回復させる外科療法の2通りがあります。内科療法では、白内障の進行を遅くしたり、水晶体の白濁を和らげたりするために、目薬や内服薬を投与します。

犬は人よりも視覚に頼って生活していないので、日常生活に問題がなければ内科療法だけ行ないます。

外科療法では、水晶体を摘出して人工のレンズを移植します。ただし、眼底や網膜などの機能に異常があると、手術をしても目が見えるようにならないので手術をすることはできません。また、老年性白内障の場合は、余命なども考慮して手術をするかどうかを決めます。

白内障になってから、だいたい半年以上経ってしまうと手術ができない場合が多いです。手術をして目が見えるようになるかどうかを調べるには、これまで超音波診断装置などの高い医療機器で調べなければなりませんでしたが、最近ではもっと簡単な方法も使われます。

その方法は、真っ暗であまり広くない部屋に犬と飼い主が一緒に入り、5分ほど経ってから犬の目から10cmほど離れたところでフラッシュをたいて、犬の反応を見るというやり方です。

犬がフラッシュの光に反応して驚けば、網膜は萎縮しておらず、手術の効果があると考えられます。左右の目に対してどちらも行う必要があるので、これを2回繰り返します。

また、糖尿病の合併症として白内障になっている場合には、糖尿病が治らないと白内障も改善されないので、糖尿病の治療を優先します。

白内障にかかりやすい犬種

犬の白内障にかかりやすいアフガンハウンド

若年性、または先天性の白内障は遺伝によるものが多く、かかりやすい犬種があります。

ボーダー・コリー
プードル
ミニチュア・シュナウザー
■ビーグル
■ゴールデン・レトリーバー
ボストン・テリア
■シベリアン・ハスキー
■コッカー・スパニエル
■アフガン・ハウンド
■オールド・イングリッシュ・シープドッグ
■ウエスト・ハイランド・ホワイトテリア

photo by diveofficer

犬の白内障は早期発見が大切!

長い毛の犬の場合、短毛の犬よりも目を観察しづらいですが、視力を戻すためには、犬の白内障を早期発見できるかどうかがとても大事なことなので、日頃から愛犬の目のチェックを行ないましょう。

 -

  関連記事

chihuahua2
犬の膝蓋骨脱臼って?症状や治療、手術、サプリメントなど

犬の膝蓋骨脱臼は、小型犬がかかりやすい病気のひとつです。生まれつき膝蓋骨脱臼にか …

inu-spot
未来の犬型ロボット!蹴られても転ばない「Spot」がかわいい!?

未来的な犬のロボットがあるのをご存知ですか?Googleの子会社であるBosto …

retrievers
股関節形成不全ってどんな病気?大型犬は要注意!症状や治療など

股関節形成不全は、大型犬がかかりやすい病気です。歩けなくなってしまうこともあるの …

corgi-herunia
胴長犬に多い椎間板ヘルニアって?原因や症状・治療法は?

胴の長い犬に多い病気として知られる、椎間板ヘルニア。進行すると歩けなくなり、車い …

inu-natsu
犬の熱中症・夏バテって?症状と対策・グッズ・処置の方法などをご紹介

夏場はとても暑くなり、人間も熱中症や夏バテには注意しなければなりませんが、それは …

dog-black2
頭の良い犬ランキングって?あなたの愛犬もトップ10に入っているかも!?

ドッグトレーナーであり、心理学博士のスタンレー・コレン氏は、いくつかのデータをも …

golden-smile
犬のブラッシングの効果と正しいブラッシングの手順

犬のブラッシングは、毛並みを整えること以外にも目的があります。また、犬の被毛(コ …

borzoi8
犬の胃捻転って?症状や原因、予防・治療法などをご紹介

犬の胃捻転は、年齢と関係なく起こり、特に大型犬がかかりやすい病気です。比較的死亡 …

chihuahua5
犬の気管虚脱とは?症状や原因・薬や手術などの治療法・費用など

気管虚脱は、犬特有の病気であり、特に小型犬や短頭種(鼻ぺちゃ)の犬がかかりやすい …

shibainumaru
大人気!最高に可愛い「柴犬まる」の魅力とは?

「柴犬まる」の表情豊かな写真たちが並んだinstagram(インスタグラム)。そ …