動物やペットのニュース・メディア | SachiAnimal(さちアニマル)

動物・ペットからの幸せを届けるニュース・メディアサイト

*

人間には良くても犬に与えてはいけない10の食べ物

      2015/07/11

ラブラドールの子犬

人間は食べることができても、犬にとっては有害な食べ物があります。それらを食べてしまうことで病気になってしまったり、最悪の場合亡くなってしまうこともあるので、しっかり覚えて犬におねだりされても与えないようにしましょう。

今回は犬に与えてはいけない10の食べ物を紹介します。

スポンサーリンク



犬にとって有害な食べ物

野菜

ネギ類

ネギ類(たまねぎ・長ネギ・ニラ・しょうが・にんにく・エシャロット・あさつき・らっきょう)に含まれるアリルプロピルジスルフィドという成分は犬の赤血球を壊してしまい、血尿、溶血性貧血の症状が出ます。他にも嘔吐や黄疸(おうだん)などの症状も出ることがあります。コンソメにもたまねぎの成分を含むため与えてはいけません。
犬によって発症のしかたが違いますが、体重1kgあたり15~20gで中毒症状が出ると言われています。愛犬がネギ類を食べてしまった場合は念のため動物病院を受診する方が良いでしょう。

香辛料

唐辛子やこしょう、からし、わさびなど、刺激物を与えると肝臓や腎臓に不調をきたしたり、胃が刺激されて感覚麻痺などを起こす危険性があります。

鳥や大きな魚の骨

犬は胃酸で骨を溶かしますが、とがった骨は消化器官を傷つけてしまうことがあります。鳥の骨は比較的柔らかく、とがった状態に割れるので、加熱してもろくなった骨を飲み込んでしまうと危険です。大きな魚の骨や、タイなどの硬い骨も消化器官を傷つけてしまいます。
胃や食道などに穴が開いてしまうと、急性腹膜炎で死に至ることもあります。

練り物

練り物(ソーセージ・ハム・ちくわ・かまぼこ)は塩分量が多すぎて、腎臓をはじめとする泌尿器系に悪影響を与えてしまいます。

アボカド

人間にとっては体に良いとされていますが、アボカドに含まれるペルジンが犬にとっては危険です。ペルジンはアボカドの果実、種子、葉、樹皮に含まれており、中毒症状として嘔吐や下痢、痙攣、胃炎などの症状が出ます。
少量であっても他の小動物にとっては危険だと言われています。

水を吸って膨らむもの

スルメや干しあんずなど、水を吸って膨らむものを食べると胃が拡張してしまい、そのショックで死に至ってしまうことがあります。

レーズン・ぶどう

ぶどう
レーズンは水を吸って膨らむうえに、腎臓に対して毒性があります。
生のぶどうでも毒性がありますが、干して体積の減ったレーズンの方が毒性が強いです。
また、生のぶどうの皮も同様に危険です。
体重1kgあたり10~30g摂取すると中毒を起こすそうです。

チョコレート・ココア類

カカオの香り成分であるテオブロミンや、カフェインなど心臓や中枢神経に毒性があり、痙攣や嘔吐の症状を引き起こします。急性心不全などで死に至ることもあるので注意が必要です。
※カフェインはコーヒーやお茶だけでなくコーラにも含まれています。

キシリトール入りの製品

肝臓に対して毒性があり、肝不全などを引き起こします。また、血糖値が低下するので急激低血糖になった事例もあるようです。
キシリトールガムはわずか数枚でも危険だと言われています。

マグネシウムを多く含む食品

マグネシウムを多く摂取すると尿結石ができたり下痢の症状が出てしまいます。
煮干し・かつお節・海苔・ミネラルウォーターなどは注意が必要です。

もしも食べてしまったら

動物病院の先生に連絡し、その指示に従うのが良いですが、それができない場合、食べてから1時間以内で、まだ胃の中にあるのであれば吐かせたり、口の中を洗ったりします。。
薄い食塩水を飲ませ、指などで舌の根元部分を刺激すると吐きやすくなります。

 - 犬の飼い方

  関連記事

black-dog2
犬のワクチン接種について学ぼう!ワクチンの種類と時期

犬のワクチン接種は、感染症(ウイルスや細菌が体内に入って伝染する病気)にかかるの …

shi-zu-sampo2
正しい犬の散歩の仕方は?散歩デビューや散歩回数、距離、しつけなど

犬の散歩は、犬を飼う人であれば毎日の日課になっているかと思いますが、そんな毎日の …

dog eating
犬が草を食べる理由は?考えられる病気・食べると危険な草の種類も

散歩中、愛犬が草を食べることはありませんか?草の種類や除草剤が撒かれていないかど …

dogs2
カーミングシグナルの種類・意味を解説!尻尾や目から犬の気持ちがわかる

犬のカーミングシグナルを知っていますか?犬は、言葉を話さない代わりに、表情や行動 …

goldenretriever
犬の去勢・避妊手術をするメリット

最近では犬の去勢・避妊手術を行う飼い主さんも増えましたが、そのメリットは何でしょ …

dog-white
犬のボディランゲージを知ろう!犬の気持ちがわかる!

犬は、人間と同じ言葉を話しません。その代わりに吠えたり、体全体を使ったりして気持 …

shiroi-inu2
老犬の病気って?かかりやすい病気まとめ

老犬も子犬同様免疫力が低くなり、体の機能も低下するため、病気になりやすくなってい …

inu-hito2
犬の寿命〜小型犬の寿命と大型犬の寿命はどっちが長い?〜

犬の寿命は犬種などによって異なります。獣医療が発達したことなどにより、犬の寿命は …

pug
子犬がかかりやすい病気とは?

子犬には免疫力がないため、必ずワクチン接種を行うほか、病気にならないよう気をつけ …

inu2
犬の視力ってどのくらい?色は識別できるの?

散歩をする時、綺麗な風景見る時、一緒に暮らす中で、犬たちは世界をどんな風に見てい …