動物やペットのニュース・メディア | SachiAnimal(さちアニマル)

動物・ペットからの幸せを届けるニュース・メディアサイト

*

子犬がかかりやすい病気とは?

      2015/07/11

パグの子犬

子犬には免疫力がないため、必ずワクチン接種を行うほか、病気にならないよう気をつけなければなりません。成犬であればあまり問題のない病気でも、子犬の場合は重症化することがあります。子犬がかかりやすい病気について学んで、病気の原因をつくらず、症状も見過ごさないようにしましょう。

スポンサーリンク



パラインフルエンザ(ケンネルコルフ)

公園など犬が多くいる場所で感染しやすい病気で、鼻から気管にかけて炎症を起こします。子犬は多くのエネルギーを必要とするため重症化し、衰弱死してしまうこともあります。

【症状】 せき・呼吸困難・嘔吐・発熱・食欲不振・鼻水・肺炎
【治療】 病原体が細菌やマイコプラズマの場合、抗生物質で治療し、ウイルスの場合、せき止め薬で治療する。

パルボウイルス感染症

「犬ころり病」とも呼ばれ、死亡率の高い病気です。子犬は感染しやすいですが、ワクチン接種で予防できます。腸炎型と心筋炎型があり、子犬は心筋炎型になりやすいです。

【症状】 [腸炎型] 嘔吐・下痢・血便・脱水・貧血 [心筋炎型] 呼吸困難・嘔吐・脱水
【治療】 駆除薬を飲ませる

ジステンパー

抵抗力のない子犬と老犬に起こりやすい病気です。ただの風邪と間違えてしまいやすいので注意が必要です。

【症状】 発熱・食欲不振・脱水・鼻水・せき・嘔吐・粘液便・下痢・てんかん・痙攣(けいれん)・眼球の異常
【治療】 サルファ剤・抗生物質などで二次感染を防ぎつつ、それぞれの症状に合わせて治療する

回虫症(かいちゅうしょう)

他の犬の便の臭いを嗅ぐ際に、口をつけることで回虫の卵が体内に入り、回虫が増える感染症です。

【症状】 食欲不振・嘔吐・腹痛・下痢
【治療】 駆除薬を飲ませる

鉤虫症(こうちゅうしょう)

感染した犬の便の中で鉤虫(小腸に住む寄生虫)の卵が孵化し、口や皮膚、母親の母乳や胎盤などから感染する病気です。子犬が胎盤感染や経乳感染すると、ほとんどが死んでしまいます。

【症状】 貧血・腹痛・下痢・毛艶のなさ
【治療】 駆除薬を飲ませる


子犬を迎える前に、子犬がかかりやすい病気を覚えて、病気を未然に防ぐようにしましょう。また、子犬のワクチンの接種状況をしっかり確認して、必要なワクチン接種を行うことも大切です。

 - 犬の飼い方

  関連記事

inu-hito2
犬の寿命〜小型犬の寿命と大型犬の寿命はどっちが長い?〜

犬の寿命は犬種などによって異なります。獣医療が発達したことなどにより、犬の寿命は …

puppy black love
人間には良くても犬に与えてはいけない10の食べ物

人間は食べることができても、犬にとっては有害な食べ物があります。それらを食べてし …

dogs2
カーミングシグナルの種類・意味を解説!尻尾や目から犬の気持ちがわかる

犬のカーミングシグナルを知っていますか?犬は、言葉を話さない代わりに、表情や行動 …

black-dog2
犬のワクチン接種について学ぼう!ワクチンの種類と時期

犬のワクチン接種は、感染症(ウイルスや細菌が体内に入って伝染する病気)にかかるの …

dog-white
犬のボディランゲージを知ろう!犬の気持ちがわかる!

犬は、人間と同じ言葉を話しません。その代わりに吠えたり、体全体を使ったりして気持 …

inu2
犬の視力ってどのくらい?色は識別できるの?

散歩をする時、綺麗な風景見る時、一緒に暮らす中で、犬たちは世界をどんな風に見てい …

inu-shiro2
忙しい時に使ってみたい!犬の散歩代行とは?

犬を飼うと、毎日2回ほどは散歩に行くようになります。散歩は犬にとってとても楽しみ …

dog eating
犬が草を食べる理由は?考えられる病気・食べると危険な草の種類も

散歩中、愛犬が草を食べることはありませんか?草の種類や除草剤が撒かれていないかど …

shi-zu-sampo2
正しい犬の散歩の仕方は?散歩デビューや散歩回数、距離、しつけなど

犬の散歩は、犬を飼う人であれば毎日の日課になっているかと思いますが、そんな毎日の …

shiroi-inu2
老犬の病気って?かかりやすい病気まとめ

老犬も子犬同様免疫力が低くなり、体の機能も低下するため、病気になりやすくなってい …